コンテンツ|Treasure Navi トレナビ両毛版

新規会員登録
掲載希望の企業様

2/26足利山火事避難住民の声

『窓を開けたら煙はバンバン入ってくるは、バチバチ近くで燃えている。』 西宮避難区域に入っていた山の麓近くに住む方からお話しを聞いてきました。 現在さいこうふれあいセンターへ避難されています。 『まさか避難するとは思わなかったのが避難する事になり、「貴重品だけ持ってすぐに家から出てください!」 と隊員が迎えに来た。 だけど、すぐに貴重品なんか集められないから現金だけ持って出てきたんだよ。 タイミング悪く22日23日に強い風が吹いてヘリが飛べなかったろ? それで家が心配で25日に家に戻って1時間位したら緊迫した面持ちで「危ないからすぐ戻って来てください」と迎えに来たんだよ。 こんな状態じゃ何処まで火が行くか分からないよな。 アメリカの山火事みたいになったら大変だ。』 と火事当時の緊迫した状況を語っていた。 他にも心配事があるらしく伺った所、 『火事が収まったら次はコロナ騒ぎになるんじゃないかと心配している。』 避難所内は3階建てになっているらしいが、3階は体が動かせる6世帯が共に過ごしているとの事。 『6世帯だから密にならずある程度の距離を取って生活出来ている』 『下の階に行くに連れて、動く事が大変な人が生活している。この周辺は年配者が多いから密集しているかもしれないし状況が分からない。』 と言っていました。 そして、山の麓近くに住む住民達は〖登山者の数人グループが登山口付近でタバコを吸ってて危ないな。と思っていたけど、やっぱり出火原因はタバコじゃないのか?〗と言っているとの事です。 この方とお話しし始めた時には煙も頂上付近にありましたが時間が経つにつれ、煙の位置はどんどん下に来ていました。 約30分お話しをしましたが最後に確認すると山の中腹より下まで煙の位置は下がっていました。 最後に 『心配して多方面から見に来てくれる人も居るだろうけど、消化の妨げになったりする行動はしない様に気を付けてください。今はコロナ感染者が減少している時だからこそ御自宅から1日でも早い鎮火を願っていてほしい。これで事故やコロナに感染したとなったら本末転倒。せっかくの皆さんの好意を無駄にしないでください。』 との事でした。
勤務地から探す

エリア1

エリア2

エリア3

決定


職種から探す

雇用形態

業種

職種

決定


雇用形態から探す
特徴から探す
給与から探す
フリーワードで探す

ユーザーログイン

初めての方 パスワードを忘れた方